Main | <悠久の大自然に不思議さを思う> »

June 01, 2004

<衣替え>

衣替えが6月1日と10月1日になったのは明治以降で、学校や官公庁、銀行など制服を着用する所では、現在もほとんどが、この日に行われています。
衣替えなんて制服だけかと思えば実は和服を着ている人たちの間でもこのしきたりが今も重視されているのですね。
和服は、10月~5月は袷(あわせ)、6月と9月は単衣(ひとえ)、7月と8月は薄物。
柄は、季節感のあるものが多く、季節のちょっと先をいくことがお洒落とされているようですよ!
また「衣替え」は、「衣類」を守る役目もあるんですね。
毎日、毎日、同じ物を着ていると痛みが早く、いつのまにか着られなくなってしまう。
反対にずーっとタンスにしまっておくとカビが生えてしまったり、虫に食べられたりしてしまう。
私たちにもありますよね、そんなことって。
毎日、毎日、仕事に追われて、疲れが身体に残ってしまっているのではありませんか?
毎日、毎日、家の中にいて、なんとなく時間だけが過ぎていってしまうことなど。
そんなとき、心の「衣替え」も大切ですよ!
例えば、毎日、仕事ばかりしている人は、海や山に出掛けておいしい空気をいっぱい吸ってみてくださいね。
また、毎日、家の中にいる人は、街に出掛けてみてください。
皆さん、服の「衣替え」、心の「衣替え」のご準備は出来ましたでしょうか?
6月1日と10月1日にはぜひ、服の「衣替え」、心の「衣替え」をしてすっきりしてくださいね!
お忘れなく!

sakai__008a.JPG

|

Main | <悠久の大自然に不思議さを思う> »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36468/692168

Listed below are links to weblogs that reference <衣替え>:

Main | <悠久の大自然に不思議さを思う> »