« 風が吹けば桶屋が儲かる! | Main | 「いろは歌」の本当の意味! »

January 30, 2005

2005年の花粉症!

hana_sugi1.29ca

★戦後の植林計画によって、数を増やした杉林がいっせいに花粉を飛ばし始めたのが、1980年代。
この頃から始まる花粉症の猛威は、瞬く間に日本中を席巻!今や都心部では5人に1人が発症したというデータも・・・。
更に、その勢いは加速中!
比較的花粉の飛散量が少なかった昨年春に比べ、今年の飛散量は10~30倍、例年比でも1.5~2倍に及ぶのではないかとの報告もある。
さらに暖冬の影響で飛散開始が早まり、例えば関東地方では、例年より1ヵ月早い2月上旬からの飛散が予想されています。

★一日中襲って来る「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ」この【四大症状】が頻繁に起こるようになったら要注意!
最初は風邪の初期症状と勘違いしがちですが、四つの症状が重なる程、花粉症の可能性が高まります。

★花粉症はなぜ起こる?
花粉症は、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどと同じアレルギー疾患の1つといわれています。
アレルギーとは、異物を撃退するからだの防御反応が過剰に起こってしまうことです。
アレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲンといいます。
花粉症の場合、アレルゲンはスギやヒノキを代表とする花粉です。
患者数が最も多い「スギ花粉症」の場合、2月から4月がピークですが、ヒノキ、ブタクサ、イネなど、症状を引き起こす花粉は意外に多く、ひどい場合は1年の半分以上が「花粉症状態」という人もいます。

★花粉アレルギーの症状を防ぐポイントは、アレルゲンである花粉への接触を避けることにあります。
日常生活では次のような点に気をつけましょう。
1)洗濯物、布団を外に干さない。
2)空気清浄機で花粉を吸い取る。
3)家に入る前に衣類の花粉を払う。
4)まめに掃除機をかける。
5)帰宅したら、うがい・手洗い・目や鼻を洗浄する・シャワーを浴びるなどして花粉を洗い流す。

★花粉症の治療は、症状が現れることをを防ぐ初期治療、症状が現れた後、速効性がありかつ強力な治療で症状を抑制する導入療法、そして、症状の再現を抑える維持療法の3つに分けられます。
 実際の治療は、花粉症の患者さんが病院へ来院した時期及び症状の重症度によって、どの段階の治療から開始するかを決めることになります。

|

« 風が吹けば桶屋が儲かる! | Main | 「いろは歌」の本当の意味! »

Comments

今年は最大花粉が舞うそうですね
私もなんですよーーーってこんばんは^^
インフォよりお邪魔しております
花粉のお話ためになりました!
でもくわばら・・・・怖いなぁ

Posted by: K*R | February 12, 2005 at 19:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36468/2744627

Listed below are links to weblogs that reference 2005年の花粉症!:

« 風が吹けば桶屋が儲かる! | Main | 「いろは歌」の本当の意味! »