« 朝は「あけぼの」、昼は「春霞」で、夜は「おぼろ月夜」かな? | Main | 「母の日」と「父の日」 »

April 08, 2005

花見

なぜ日本人は春になるとサクラ(桜)の下でお花見をし、おサケ(酒)を飲みごちそうを食べたくなるのでしょうか?
稲の生育を見守る山の神の宿る桜の木の下で、サカナ(サケ菜・肴・魚)を ササゲテ(捧げて) オサガリを、いただく、豊作を祈る予祝行事として始まったとする説があります。
今の人は桜に神を見ないが、神は年ごとに桜に宿り花を咲かせているのですよ!
これで、 サクラ(桜)の木の下で サケ(酒)を飲み、ごちそうを食べる理由が、 お解りになりましたか?
日本では、中国大陸から渡ってきた人々が稲作の文化を伝えました。
地域により桜の花が咲く時期により、稲を植える時期を知りその桜の花の散り具合を見てその年の米の出来具合を占ったのでした。
満開に咲いた桜を見上げては、神様にお酒など奉げ物をして豊作を祈る、桜は神様の宿る木として信じられていました。
それが桜が神様が宿る木としてサクラ(さ座)と呼ばれるようになった起源なのでしょう。
しかし、この桜ですが、万葉集の時代、花といえば梅をさしたそうです。
中国文化を理想としていた当時の日本にとって梅の存在は重要であったのでしょう。
しかし、遣唐使の廃止以後、独自の文化を形成していく上で、中国的な花ではなく、日本固有の花が好まれたのか?
やがて梅は桜と交代し、平安後期に入ると、宮廷を中心として、梅よりも桜ということで、桜が様々な行事に出始めます。
そして花見といえばおもに桜となり、山野の花見は桜狩りと称して、時代が降るにつれて花見は公家から武家、近世には都市住民のものとなり、今日に至っています。
hana_sakura4


|

« 朝は「あけぼの」、昼は「春霞」で、夜は「おぼろ月夜」かな? | Main | 「母の日」と「父の日」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36468/3620778

Listed below are links to weblogs that reference 花見:

« 朝は「あけぼの」、昼は「春霞」で、夜は「おぼろ月夜」かな? | Main | 「母の日」と「父の日」 »