« 「かき」と「こけら」の違い | Main | 「二十四節気、霜降 (そうこう) 」 »

September 22, 2005

イソップ童話「アリに刺された男とヘルメス」

ある日、1せきの舟が、のっていたおおぜいの人とともに海にしずんでしまいました。
 それを見ていた1人の男が、
「神さまのやりかたはまちがっている! あの船には、ばちあたりな人間が1人のっていただけなのに、その人をばっするために、おおぜいの罪のない人を死なせるなんて、まったくひどい話だ」
と、いいました。
 ちょうどその海岸は、アリがたくさんいる場所でしたので、一ぴきのアリがこのうるさい男をちくりと刺しました。
「うっ! アリのくせに人間さまをかみやがって、こうしてくれる!」
 すると男は、たった一ぴきのアリが刺しただけなのに、そこにいたアリを残らずひねりつぶしてしまいました。
 そのとき、ヘルメスの神があらわれて、男を杖でたたいて、こう言いました。
「どうだ、これでもおまえは、おまえがアリをさばくのと同じように、神が人間をさばくのはけしからんというつもりか」
 不幸があったときに、神をののしってはなりません。
それよりも、自分がなにか悪いことをしなかったかどうか、反省することが大切です。monyuM_neko9


|

« 「かき」と「こけら」の違い | Main | 「二十四節気、霜降 (そうこう) 」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36468/6061521

Listed below are links to weblogs that reference イソップ童話「アリに刺された男とヘルメス」:

« 「かき」と「こけら」の違い | Main | 「二十四節気、霜降 (そうこう) 」 »