« February 2006 | Main | July 2006 »

March 14, 2006

<3月-弥生(やよい)-March>

<3月-弥生(やよい)-March>
◆誕生石:アクアマリン(幸運 、幸せな結婚)
◆誕生花:スィートピー(門出 やさしい思い出)、チューリップ( 愛の告白(赤) )
◆季節の花:ヒヤシンス、パンジー、椿、サクラ、ジンチョウゲ
3月はグレゴリオ暦で年の第3の月に当たり、31日です。
日本では、旧暦3月を弥生(やよい)と呼び、現在は新暦3月の別名としても用いる。
弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力です。
他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もあります。
ヨーロッパ諸言語での呼び名であるmars,marzo,Marchなどはローマ神話のマルス(Mars)の月を意味するMartiusから取ったものです。
古代ローマの暦(ユリウス歴より前)においては、年の最初の月は現在の3月にあたる。
閏年の日数調整を2月に行うのは、当時の暦での最後の月に日数調整を行っていたことの名残です。
3/3、桃の節句(雛祭り)
3/05啓蟄 (けいちつ)
3/05、7候、巣籠もりの虫戸を開く。
3/10、8候、桃始めて咲く。
3/14、ホワイトデー
3/15、9候、菜虫蝶と化す。
3/20、祝日 春分の日
3/20、10候、雀始めて巣くう。
3/25、11候、桜始めて開く。
3/27、イースター(復活祭)
3/30、12候、雷声を出す。
◆三月のあいさつ
○初春の候、浅春の候、孟春(もうしゅん)の候、早春の候、浅香の候、春色の候、春暖の候、春雪の候、春情の候、雪解の候、春雨の候、仲春の候、若草萌ゆる候
○桃の三月・春色とみに濃く・寒さも緩み・日増しに温かさを増し小川の水もぬるみ・日増しに春らしく・桜のつぼみもふくらみ・野に山に春の色が濃くなって・木々の緑日毎に色めく季節
○日増しに春らしくなってまいりました。
○連翹(れんぎょう)の黄色い色が春の陽ざしに光る頃と鳴りました。
○紋白蝶が菜の花の上を楽しそうに飛びまわっています。
○近くの浜では汐干狩を楽しめるようになりました。
○涅槃西風(ねはんにし)が吹きわたり、ようやく暖かくなった今日この頃でございます。
○早いものでもう二月堂の御水取の季節となりました。
○庭の遅咲きの紅梅ももうほころびはじめました。
○雛祭はもう明日というのに、雪が降り積もっています。北国の春は、まだまだ遠いようです。
○日の光、雲のようすには春らしさが感じられ、心までうきたつ思いがいたします。
○高校野球の球音が聞こえるようになると、春たけなわの感が強くいたします。


osakajyo_ume06


| | Comments (0) | TrackBack (0)

<2月-如月(きさらぎ)-February>

<2月-如月(きさらぎ)-February>
◆誕生石:アメジスト(誠実)
◆誕生花:梅(高潔・純白)
◆季節の花:桃、彼岸桜、ぼけ、春蘭

2月はグレゴリオ暦で年の第2の月に当たり、通常は28日、閏年では29日となる。
これまでに3回、2月30日があった。
他の月の日数が30または31日なのに対して、2月だけ28または29日なのは、アウグストゥスが紀元前8年、8月の日数を30日から31日に変更し、そこで不足した日数を2月から差し引いたためだそうです。
日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。
「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは関係がない。
「きさらぎ」という名前の由来には諸説ある。
1)旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
2)草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
3)前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
4)陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」
欧米での呼び名であるFebruaryはローマ神話のフェブルゥス (Februus) をまつる祭りから取ったと言われている。
◆二月の「今日は何の日」
2月 1日   テレビ放送記念日
2月 2日   国際航空業務再開の日
2月 3日   節分、豆まき
2月 4日   立春 
2月 6日   のりの日、抹茶の日
2月 7日   ふるさとの日、北方領土の日
2月 9日   服の日、フグの日
2月10日   ニットの日
2月11日   建国記念日、文化勲章制定記念日
2月14日   聖バレンタインデー、チョコレートの日
2月19日   万国郵便連合加盟記念日
2月20日   旅券(パスポート)の日
2月22日   ネコの日、世界友情の日
2月28日   ビスケットの日

◆二月のあいさつ
○早春の候、立春の候、晩冬の候、余寒の候、残寒の候、季冬の候、春寒の候、寒明けの候
○三寒四温とか言われる季節・余寒厳しき折から・残寒の今日この頃・春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く・冬の名残りがなかなか去らず・春まだ浅く立春とは名ばかり・寒さの中にも早春の息吹きが感じられ・梅のつぼみもそろそろ膨らみ・梅だよりが聞かれます昨今、
○立春もほど近いのに、いつまでつづく寒さでしょうか。
○梅のつぼみもふくらんでまいりました。
○猫柳の芽もようやくふくらんで、春がすぐそこに来ているのが感じられます。
○麦畑で雲雀(ひばり)の鳴く声が聞こえるようになりました。
○公魚(わかさぎ)釣りのシーズンとなりました。釣果のほうはまずまずのようです。
○早いもので水辺には芹が叢っております。
○春一番も吹きぬけて、ようやく春の気配が濃くなってまいりました。皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
○今年は暖冬で、雪まつりが行われるかどうか心配するほどでした。ところが「冴返る」とでもいうのでしょうか。このところ雪が降り続いております。
○いよいよ受験シーズンとなりました。○○様には受験生をかかえて、さぞご心配のことと存じます。

hana_nekoyanagi06


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2006

戦争について!

日本が戦争して、焼け野原にされて、
もうあんな戦争は2度としないと、、

しかし、世界ではそれ以降もどかで
戦争をしていますね。
そのうち、日本も戦争の恐ろしさを
忘れ?知らない人がほとんどになって、、

また、何をしでかすか分らない!

結局、人間も動物の世界とちっとも
変わらないのでしょうね?
畜生と違うところは?

宗教によって平和を願うと言いながら
結局、その宗教同士で戦争をしている。

アメリカも平和平和と言っておきながら、、、
武器を生産して、海外に売って儲けている!
どこの国も軍隊に多額の予算をつけて、、、
戦争に備えている。

こんな状態で本当に戦争のない世界が
本当に来るのでしょうか?

ほんとうに馬鹿な人間です!
夫婦、恋人同士、家族同志でも争いはおこるのですから、まして考え方の違う国同士では争いはなくならない!

しかし、殺し合いの戦争はもうやめて、、、
日本の戦国時代を織田信長が終了させたように、、
どこか強い国、結局アメリカか?が出てきて、世界は一つと言って、世界中が共通の国際法?にしたがって生きていくようにならないものでしょうか?

そうすれば、しばらくは戦争のない世界が出来るかも?
しかし、武器を各国から取り上げ、軍隊も解散させて、、、
これらの武器や軍隊の処分、この作業も大変ですね。

結局は出来ない??
戦争はまた起こる???

「東京都平和の日」に当たって考えさせられました。tennozan_haiku06


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | July 2006 »