October 05, 2004

中日優勝!

10月1日、中日ドラゴンズが1999年以来、5年ぶり6度目のセ・リーグ優勝を果たした。
落合博満監督は就任1年目、本拠地ナゴヤドームでの胴上げで5度宙を舞った。

本当に落合監督はえらいと思います。
ドラゴンズの監督を引き受けた今年、選手の補強は要らない!
この戦力で十分優勝できると言い切って、見事それを実現させたのだから本当にえらい!

選手の自主性を重んじるなど落合監督の「オレ流」ともいわれた独特のやり方でシーズンを戦った。
川上、山本昌ら豊富な投手陣と堅実な守備を武器に、守り勝つ野球を展開させた。
序盤の大混戦から、6月22日に首位に立ち、1度もその座を譲らなかったからね。
日本シリーズは16日にナゴヤドームで開幕のようです。

中日は50年ぶり2度目の日本一を目指し、パ・リーグ優勝チームと対戦する。"今年は、昨年の阪神優勝時にくらべると、盛り上がりに欠けますが、優勝といったら、みなさんの関心は、やっぱりセールやバーゲンでしょう。"
楽天市場 中日優勝セール、イオン 370店で優勝記念セールなどがありそうです。

それにしても、巨人が優勝できないのはなぜなんでしょうか?
あんなに強力打線をもっていながらね?
それより、やはり本当に一番ガッカリしたのは阪神だよね!
去年優勝して、今年も大変期待したのに!
初めは、監督が変わり、まあ、いろいろためしている段階だから、少しぐらい負けてもいいか?
と思っていたが、そのまま良いとこなく、ズルズル負けてしまって、気がついたら、どうにもならなくなってしまっていた!
やはり、いい監督がいるとこは強いのだ~!
また、星野さんやってほしい!
だめかな!

biwakotawa_kaijyu9.7.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2004

アテネオリンピック

OPmurobusi.BMP

近代オリンピック発祥の地を舞台に史上最多の202の国と地域が参加してアテネオリンピックが開幕し13日、日本時間の14日未明開会式が行われます。
準備の遅れとテロへの不安が懸念されてきたアテネオリンピックはようやく施設の整備が間に合い、厳重な警備体制がひかれる中で開会式の日を迎えました。
開会式はオリンピックスタジアムで13日午後8時45分、日本時間の14日午前2時45分から始まります。
500人を超える選手団で五輪に参加する日本の旗手を務めるのは、女子レスリングの浜口京子。
第28回オリンピック夏季大会は29日夜、当地の五輪スタジアムで午後9時15分(日本時間30日午前3時15分)から閉会式が行われ、28競技301種目で繰り広げられた熱戦の幕を閉じた。


★昨日、今日最終日の日本の戦況

8/25 野球,長嶋ジャパンが銅メダル獲得。
8/25 シンクロ、デュエット決勝、立花、武田のコンビ、銀メダル獲得!
8/25 陸上男子棒高跳び予選、沢野は決勝に進出!
8/26 レスリンググレコ60キロ級,笹本は惜しくも5位に終わった。
8/26 シンクロ、予選のチーム・テクニカルルーティンで、日本はロシアに次いで2位につけた。
8/26 新体操個人総合予選はじまる。日本、村田は2種目を終わって19位。
8/26 カヌー女子カヤックシングル500メートル準決勝で笹本、惜しくも5位で敗退。
8/27 シンクロナイズドスイミングでチームのフリールーティンが行われ、日本は銀メダルを獲得した。
8/27 陸上男子400メートルリレー予選、男子1600メートルリレー予選でも日本は決勝進出!
8/27 レスリング男子フリースタイル55キロ級、田南部も、準決勝に進んだ。
8/28 レスリング男子フリースタイル55キロ級で田南部、3位となり銅メダルを獲得した。
8/28 陸上男子の400、1600mリレー2種目決勝で、日本はいずれも大健闘し、過去最高の4位となった。
8/28 レスリング男子フリースタイル 60キロ級で井上が奇跡の準決勝進出を果たした。
8/29 ハンマー投げ室伏、繰り上がりで金メダル!=アヌシュが規定違反で失格、
8/29 レスリング男子フリースタイル60kg級の井上、銅メダル獲得!
8/29 男子マラソン,日本選手は油谷5位,諏訪6位に入賞!メダルには届かず。
8/29 テコンドー女子67キロ超級、1回選で岡本依子(右)は陳中(中国)を攻めるも、判定負け。

★日本のメダル数(8/30最終)
金:16 (柔道:谷、野村、内柴、谷本、上野、阿武、鈴木、塚田、競泳:北島2、柴田、体操男子団体、陸上:野口、女子レスリング:吉田、伊調 馨(妹)、陸上:室伏、)
銀:9 (柔道:横沢、泉、競泳:山本、アーチェリー:山本、自転車:長塚、伏見、井上のチーム、女子レスリング:(姉)伊調 千春、体操男子種目別:冨田、シンクロ:デュエット、チームのフリールーティン)
銅:12 (競泳:森田、中西、中村、男子400mメドレーリレー、ヨット:関と轟のコンビ、女子ソフト、体操男子種目別:鹿島、米田、女子レスリング:浜口、野球:長嶋ジャパン,男子レスリング:田南部、井上)

アテネ2004特集 国別メダル獲得数 :8/30最終
国 名金-銀-銅=計

米国-35-39-29=103
中国-32-17-14=63
ロシア-27-27-38=92
豪州-17-16-16=49
日本-16-9-12=37
ドイツ-14-16-18=48
フランス-11-9-13=33
イタリア-10-11-11=32
韓国--9-12--9=30
英国--9--9-12=30
キューバ-9--7-11=27
ウクライナ-9-5--9=23

ギリシャ-6--6--4=16

★オリンピック記録
108年前の第1回アテネオリンピック 大会記録[今回の記録]
陸上 100m走:12.0秒[ 男子:9秒85、女子:10秒93 ]
陸上 400m走:54.2秒[ 男子:44秒00、女子:49秒41 ]
走り高跳び:1.81m[男子: 2メートル36、女子:2メートル06 ]
立ち高跳び:1.65m
走り幅跳び:6.35m[男子: 8メートル59、 女子:7メートル07 ]
立ち幅跳び:3.21m
水泳 100m自由形:1分22.2秒[ 男子:48秒17、女子:53秒84 ]
やはり、大幅に記録は伸びていますね。
女子の記録でも完全に超えていますよ!
今の高校記録ぐらいかな?

OPheikai.BMP

| | Comments (37) | TrackBack (0)