October 20, 2004

「禍福はあざなえる縄のごとし」

よいことと悪いことが織りなされていくのが人生というものです。
だから良いことにつけ悪いにつけ、照る日も曇る日も変わらず感謝の念をもって生きること。
福がもたされた時だけでなく、災いに遭遇した時もまた、ありがとうと感謝する。
そもそもいま自分が生きている、生かされている。
そのことに対して感謝の心を抱くこと。
その実践が私たちの心を高め、運命を明るく開いていく第一歩となるのだと、私は心に言い聞かせてきました。
しかし、言うは易く行なうは難しで、晴れた日にも雨の日にも、変わらず感謝の念を忘れないことは人間にとって至難の業です。
つい感謝の心を忘れ、悪い時は、なんで私だけがこんな目に会うのかと恨み、良い時は、よかったでそれを当たり前だと思う。
それどころか、「もっと、もっと」と欲張るのが人間というものなんです。
それによって自らを幸せから遠ざけてしまう。
つまり、「ありがとう」といえる心を、いつもスタンバイさせておくことがたいせつなのです。
また、感謝の心が幸福の呼び水なら、素直な心は進歩の親であるかも知れません。
自分の耳に痛いことも真っ直ぐな気持ちで聞き、改めるべきは明日と言わず、今日からすぐ改める。
そんな素直な心が私たちの能力を伸ばし、心の向上を促します。
この「素直な心」の大切さを説いたのが、松下幸之助さんでした。
”経営の神様”といわれた人でさえ、「生涯一生徒の気持ち」を忘れず、いつも他人から教えてもらうことで自分を成長させて行こうという姿勢を持った人でした。 

 mano_tori10.14.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2004

人が死んだ後に残るのは、 得たものではなくて 人に与えたもの!

私は自分が元気な内は自分を信じて生きて行きたいと思う。
出来るだけ死ぬ寸前まで元気で生きていけるように努力したい!
しかし、大病を患って死線をさまよったり、歳をとって自らの無力を心から知るようになったときや愛する人を失って無常に打ちひしがれたときなど、あなたならどうしますか?
そんな時にこそ、自分を助けてくれる超越したものがほしいと思うでしょう!
そんなとき助けてくれる宗教があるなら心強いと思うがそんな宗教はないと思う。
やはり、そんな時でも助けてもられるように、身内や友人や身近の人とともに日ごろから心がけて、自ら律して生きて行くのが、大切なのではないだろうか?
人が死んだ後に残るのは、 得たものではなくて 人に与えたもの!
sukotai4A.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2004

少しでも幸せを感じて!

『仕事が楽しみならば人生は極楽だ!苦しみならばそれは地獄だ!』
       ゴーリキー (ロシアの作家)
本当にそうだと思います。

どうせやらなくてはならないことだとしたら、一つでも楽しみを見つけて、少しでも楽しめるように工夫したほうがいいのではないでしょうか?

仕事・勉強・家事・育児など
   生活の中で長い時間やらなくてはいけないことが
    苦痛だとしたら、それは不幸でしょう!

  長時間やることでも
   自分が好きなことややりたいことや
    楽しめることなら、それは幸せでしょう!
どうせ生きるのなら、少しでも幸せを感じて暮らせるように心がけたほうがいいのではないでしょうか?
12a.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2004

「なんのために生きるのか?」

「人間がこの世に存在するのは、金持ちになるためではなく、幸福になるためだ」             (スタンダール)
「なんのために生きるのか?」は難しい問題です。
一つの答えは、みんな「幸せになるため」に生きているのではないでしょうか?
自分は「○○のために生きたい」と思う。
この“何か”が「自分の幸せ」と答えてもいいのでは無いでしょうか?
また、「なんのために生きるのか?」の答えは、「わからない」でもいいのだと思います。
でも、どうせ生きるのなら、幸せに生きられたほうがいいのではないでしょうか?

asahi_oumihuji.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2004

<悠久の大自然に不思議さを思う>

風のささやきに、春の近きを察知し、小川のせせらぎに、悠久の歴史を思う。
「ウサギ追いし、かの山、、、」
大自然の中、さまざまな思いに感激し、昔を振り返る。
吹く風のささやきに春の気配を感じ、真夏のぎらぎらした太陽の中に、さわやかな癒しを感じたのは、つい先日のような感じもするし、ずっと昔であったようにも感じる。
小川のせせらぎに、年々歳々人は変わって行くけれども、悠久の大自然は還流する。
最近こんなことをよく思う。やはり歳の所為か?
宇宙の不思議さを思う!
78a.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)